働く女性に向いている副業とは?今すぐスタートできるおすすめ3選!

近頃は、コロナによりリモートワークや在宅ワークをする人が増えました。そこで注目を浴びているのが副業です。

働いているけど、老後のための資金を考えると少ない…副収入が
ほしい…など悩みを抱えている働く女性のために今すぐ誰にでもはじめられる副業を注意点とともにご紹介します。

・働く女性に向いている副業ってどんなもの?
副業は、時間や場所を選ばない、会社にバレにくい点、比較的始めやすい仕事です。

働く女性にも様々います。

家事に育児を全うする主婦、独人女性、家族を養っている女性など。

環境によっても、どの副業が自分にあっているのか変わってきます。

まずは自分に合っている条件の副業を探しましょう。

・会社勤めの女性が今すぐスタートできる副業3選!
会社で働きながら副業でも収入を得たいという女性は多くいます。そんな女性におススメなのが、以下になります。
①ブログアフィリエイト
企業の商品やサービスを紹介して、そこから申込が入ったら報酬がもらえる仕組みのことです。はじめたては、0に近いお金しかもらえません。収入が0のことも。粘り強く続けていく必要があります。
②メルカリ・ヤフオクなどの物販
最近人気を集めている副業です。メルカリやヤフオクでいらなくなった商品を売って収入を得る方法です。相場は、1000円単位から10万単位です。
③メール・電話チャットレディ
男性とメールや電話でやりとりをして、収入を得る方法です。相場は、1000円~10000円です。

・女性の副業はほんとに危ない?
近年では、さまざまな副業があふれており、軽い気持ちで始めたら危険な目にあってしまったということも珍しくありません。
女性だからこそ騙されてしまう危険な副業というものもあります。

女性にとって危険な副業には何があるのでしょうか。
近年では、さまざまな副業があふれており、軽い気持ちで始めたら危険な目にあってしまったということも珍しくありません。

女性だからこそ騙されてしまう危険な副業というものも中にはあります。

これらに気をつけましょう。

①レンタル彼女
レンタル彼女とは何ぞやと思われ方もいるでしょう。その名のとおり見ず知らずの女性をレン
タルできるという仕組みになっています。
彼女がいなくて寂しい、ちょっと誰かと遊びに行きたいなど男性の願望が叶う男性のために作られたものです。
男性と食事や買い物といったデートをする代わりに、一日数千円~数万円の報酬をもらうという副業です。
デートするだけで…という気軽さから、手を出してしまう方が増えていますが、危険な目にあったという事件も起きています。
もちろん、これらすべてのサービスが危険というわけではありませんが、トラブルなどが起きやすい副業であることは確かです。

②パパ活
レンタル彼女同様。
彼女がいなくて寂しい、ちょっと誰かと遊びに行きたいなど男性の願望が叶う男性のために作られたものです。
男性と食事や買い物といったデートをする代わりに、一日数千円~数万円の報酬をもらうという副業です。
デートするだけで…という気軽さから、手を出してしまう方が増えていますが、危険な目にあったという事件も起きています。
もちろん、これらすべてのサービスが危険というわけではありませんが、トラブルなどが起きやすい副業であることは確かです。

③チャットレディや異性との何らかのやり取り
男性客とメールやチャットすることで報酬をもらえる「メールレディ」「チャットレディ」といった副業も注意が必要です。
このようなサービスは昔からありますが、副業を開始するための登録料やチャット設備のレンタル料などと称して、お金をだまし取るといった詐欺も起きています。
女性にとって危険な副業には十分注意しましょう。
以上を踏まえ、男性との交流がある(ソーシングサイトを除く)ものは止めておくのが無難です。

・会社に副業がバレたくない時はどうする?(所得税・住民税の支払いでバレることがよくあります。そのあたりの注意事項と、普段会社で作業を控えるなど一般的なことを伝えてみてください)
結論から言いますと、100%副業がばれないということはありません。

なぜなら、

①住民税でバレる
住民税の額は、各企業が前年の給与支払報告書を当年1月末までに自治体に提出して決まります。自治体は、その給与額に合わせた住民税を企業側に報告し、それをもとに企業は給与天引きを行います。勤務先が複数ある場合は、自治体は給与が最も多い会社に合算した給与額分の住民税の報告をするため、住民税のズレから、本業側に副業がわかってしまうことになります。
副業の確定申告や住民税の申告をする際に、住民税の徴収方法を「自分で納付」に選択し、天引きされている特別徴収を、普通徴収にして自分で支払う方法もありますが、自治体によってできないケースがあること、また、わざわざ確定申告をすることで会社側に不審に思われる可能性があります。
報酬型の副業の場合は、確定申告をしなければ住民税や所得税も変わらないのでバレませんが、所得があるのに確定申告しないのは脱税になり違法行為となります。
確定申告の必要がない20万円以下に収入を抑えたとしても、住民税はきちんと申告をして副業分がプラスされた税金を支払わなければなりません。
日払いや手渡しで給料がもらえるバイトでも、給与所得は会社が給与支払報告書を自治体に提出しますので、住民税の額の変化でやはりバレます。
内職バイトでも、副業用に給与振り込み口座を分けたとしても、同じように住民税の金額の変化でバレます。
つまり、どんな形であれ、収入が上がれば住民税が上がり、本業の会社には自治体からの報告で副業が分かる仕組みがあるのです。

②社会保険の変化でバレる

社会保険は、パート、アルバイトであっても、1週間の所定労働時間および1か月の所定労働日数が、同じ職場で働いている正社員の4分の3以上であれば被保険者となります(会社の規模によっては、106万円から加入義務があります*)。社会保険は複数の職場で加入することは出来ません。社会保険加入義務要件を満たす複数勤務先がある場合には、「被保険者所属選択届・二以上事業所勤務届」を提出し、給与を合算した額で社会保険料が決まるので、そのやりとりでバレてしまいます。

③年末調整の「給与所得者の基礎控除申告書」でバレる
年末調整の際に、「給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」を提出します。その中の「給与所得者の基礎控除申告書」には、「給与所得」記載欄があり、これは副業分も含めて合算で記載する必要があります。また、副業が給与所得でない場合でも、「給与所得以外の所得の合計額」欄に額を記載する仕組みとなっています。

・まとめ (全体を振り返って150~200文字程度でまとめてください)
この記事では、

・働く女性に向いている副業とは何か
・会社勤めの女性が今すぐ始められる副業
・会社に副業がバレる理由

のポイントを紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

副業は誰にでもはじめやすく、業種によれば稼ぎやすいことがわかったのではないでしょうか。

私は副業だけで収入を得ているのですが、コツコツと稼いでいます。

悪徳業者にはくれぐれも注意して、副業をはじめてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました